8月1日、春日大社にて古式包丁鍛冶を奉納します

春日大社第60次式年造替 奉祝の一環として、このたび「刀鍛冶」の伝統を受け継ぐ和包丁職人が、春日大社にて古式包丁鍛冶を奉納することとなりました。

奈良は刀鍛冶の「発祥の地」といわれます。その流れを受け継ぐ手貝包永(てがいかねなが)は、鎌倉時代中期に始まりました。時代は下り、その子孫、包永一門の文珠四郎包守(もんじゅしろうかねもり)から、江戸・文化の時代、奈良から泉州・堺へ移り、伝統的な刃物鍛冶を伝え、堺文珠と唱えて栄えたと伝わります。

春日大社と刀鍛冶のつながりは、若草山麓にある野上神社(若草山焼の際、神事を行う神社)に色濃く残されています。かつて包永一門の先祖が刀の工程で使用した「金床石」があり、刀鍛冶とゆかりのある神社とされます。

このたび、春日大社の御造替において、刀鍛冶の技術を継承した堺の和包丁職人が、日本の伝統的な鍛接を御本殿に奉納させて頂きます。日本の包丁の伝統的な製造方法や、1000度を超える炉の火の粉が飛び散る「火入れ」など、鎌倉時代から変わらず伝えられ続けてきた「匠の技」をぜひ間近でご覧ください。

日時 2015年8月1日(土)午後2時ころ~
会場 春日大社「林檎の庭」
実演者 榎並刃物製作所代表 榎並 正(鍛冶師/伝統工芸士)
谷打刃物製作所代表 谷 有三(鍛冶師)
江渕打刃物製作所代表 江渕 浩平(鍛冶師)
森永刃物製作所代表 森永 昇(鍛冶師)
株式会社大江商店代表取締役 大江 章雅(銘切り師)
主催 株式会社 菊一文珠四郎包永
協力団体 小鍛冶会、米日財団、春日大社、奈良県、奈良市、9.11家族会
問い合わせ先 株式会社 菊一文珠四郎包永取締役社長 柳澤育代
〒630-8211 奈良市雑司町488番地
電話:0742-26-2211

心温まるメッセージ

062715

昨日食事された中学校の生徒さんがメッセージを書いてテーブルに残してくれていました。忙しくバタバタと対応していた中で、ほっこりとしたやさしさに触れ感激しました。

今後もお客様に満足頂けるようなサービスを提供していきたいと思います。

100年前の包丁

先日、100年前に購入された包丁の砥ぎ直しをしてほしいというお客様が本店にお越しになりました。桐の箱に収められていたのは、もう当店にも残っていないような珍しい道具の数々。当時の注文方法が書かれた紙や錆びがついた刃に歴史を感じます。

柄を外しての砥ぎ直しができなかったため、”新品同様に復活”とまではいきませんでしたが、錆びを落としてまた使える状態でお客様にお返しすることができました。

これからも皆様に長くご愛用いただける刃物を作っていきたいと思いをあらたにした瞬間でした。

(追記 研ぎ直しについて)
包丁の素材、状態によってはお受けできない場合が御座います。また、長さや種類などで研ぎ料金が異なりますので、まずは、菊一包永本店にてご相談ください。ご相談は無料で承ります。

包丁販売価格変更と販売終了商品のお知らせ

原材料の高騰により、平成27年4月1日より一部商品の販売価格を変更させていただきます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

尚、3月31日までは、現行価格での販売となります。

価格が変更になる商品 現在の価格 4月1日からの価格
文化包丁つば無赤柄 17cm 4,100円 4,400円
文化包丁ゴールド鋼つば無黒柄 14.5cm 5,000円 5,300円
文化包丁ゴールド鋼 17cm 8,500円 8,900円
ペティゴールド鋼 13cm 5,000円 5,400円

また、以下の商品につきましては3月31日をもちまして販売終了となります。


上記商品の購入をご検討中のお客様は、お早めにご注文いただきますますようお願いいたします。

春の園芸はさみフェアを開催します!

春の園芸はさみフェア

3月15日(日)~ 3月31日(火)まで、菊一文珠四郎包永本店にて春の園芸はさみフェアを開催します。

日時 2015年3月15日(日)~ 3月31日(火)午前10時~午後4時
会場 菊一文珠四郎包永本店
駐車場あり
特典 1.先着30名様にさくら茶をサービスで提供
2.園芸用のはさみを新しく購入いただいたお客様には、はさみ研ぎ1本無料!(返送料別途)
3.店内で5,000円以上お買いものの方には特別割引を適用。さらに若草山入山券1枚プレゼント!

研ぎの講習も実施いたします

園芸はさみフェア期間中随時受け付けております。お気軽にご参加ください。

2014年 刃物祭りを開催します

日頃のご愛顧に感謝いたしまして12月12日(金)・13日(土)に菊一文珠四郎包永本店にて刃物祭りを開催します。

日時 2014年12月12日(金)・13日(土)
午前10時~午後4時
会場 菊一文珠四郎包永本店
駐車場あり
特典 1. 先着30名様にくず湯をプレゼント
2. ホームページをご覧になった方に包丁研ぎ1本無料サービス
※お店で「ホームページ(ウェブサイト)を見た」とおっしゃってください。
3. 店内で5000円以上お買いものの方には特別割引を適用

研ぎの講習も実施いたします

刃物祭り期間中随時受け付けております。お気軽にご参加ください。

鍛冶・銘切り実演ツアー 最終日

  • 日付:2014年9月18日(木)
  • 会場:カリフォルニア州サンマテオ 刃物専門店「パーフエクトエッジ」
  • 実演内容:鍛冶、柄付け、銘切り(各3回)

平日の昼間ということで他の会場と比べると来場者は少な目でしたが、刃物専門店のお客さんとあって日本の包丁にも強い関心がある人が多かったようです。

今日で9日間に渡る和包丁のデモンストレーションも終了です。行く先々でたくさんの人に足を運んでいただき、称賛の声も多数いただきました。少しでも日本の伝統的な包丁作りを伝えることができたのではないかと思います。

移動の多い厳しいスケジュールにもかかわらず、毎日実演していただいた職人の皆さんにあらためて感謝いたします。

鍛冶・銘切り実演ツアー 8日目

  • 日付:2014年9月17日(水)
  • 会場:カリフォルニア州セントヘレナ Culinary Institute of America St. Helenaキャンパス
  • 実演内容:鍛冶、柄付け、銘切り(各3回)

サンフランシスコから車で1時間半ほど。ワインで有名なナパの町を過ぎたところにあるセントヘレナにやって来ました。城のような校舎が目を引く料理学校のキャンパスが今日の会場です。ニューヨークのCIA同様、熱心な学生が大勢集まってくれました。

鍛冶・銘切り実演ツアー 7日目

  • 日付:2014年9月16日(火)
  • 会場:カリフォルニア州サンフランシスコ市 在サンフランシスコ日本国総領事公邸
  • 実演内容:柄付け、銘切り

ニューヨーク→アトランタ→シカゴ→サンフランシスコと連日移動が続いたあと、今日から3日間はサンフランシスコとその周辺でのデモンストレーションです。今日は総領事公邸で開催いただいたレセプションで柄つけと銘切りの実演を行いました。会の後半には公邸シェフからも和包丁の魅力が語られ、その場で引かれた鯛の刺身がふるまわれました。